学校諸経費

  • 北海道科学大学高等学校
  • 学校諸経費

入学手続き時の諸費用

ページ上部へ

(1)入学一時金(全科共通、2018年度)

入学金 200,000円
その他の経費※1 13,000円
合計 213,000円

※1の内訳はPTA入会金(1,000円)、生徒会入会金(2,000円)、後援会入会金(10,000円)です。

(2)毎月納入金(2018年度)

  普通科 工学科
授業料 30,000円 30,000円
実験実習料 2,800円
維持費 4,800円 4,800円
各会費 ※2 3,200円 3,200円
合計 38,000円 40,800円

※2の内訳は、PTA会費(800円)、後援会費(2,400円)です。

納入金は保護者指定の金融機関口座から毎月引き落としになります。初回(5月上旬)には1年間分の生徒会費(12,000円)及び口座振替手数料(1,620円)が授業料等とともに引き落としになります。
 

■入学を辞退(公立高等学校等の追加合格による辞退を含む)する場合

・納入いただいた入学金は返還いたしません。

・入学一時金のうち入学金を除いた「その他の経費」を返還いたします。

授業料等、毎月の諸費用

ページ上部へ

国の「就学支援金*1」と道の「私立高等学校授業料軽減補助制度*2」を充当後の納入金は下表のようになります。
*1 両親のうちどちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の4人世帯の目安です。
*2 PTA会費、後援会費には適用されません。

一般生

※表は横スクロールをさせてご覧ください。

基準額 授業料 維持費 実験実習費
(工学科)
PTA会費
後援会費
授業料軽減 毎月の納付金
(普通科)
毎月の納付金
(工学科)
年収 910万円程度以上
(所得割額 304,200円以上)
30,000 4,800 2,800 3,200 0 38,000 40,800
年収 910万円程度未満
(所得割額 304,200円未満)
20,100
(△9,900)
4,800 2,800 3,200 0 28,100 30,900
年収 590万円程度未満
(所得割額 154,500円以上)
15,150
(△14,850)
4,800 2,800 3,200 0 23,150 25,950
年収 350万円程度未満
(所得割額 51,300円未満)
・授業料軽減
10,200
(△19,800)
4,800 2,800 3,200 (普通)△7,000
(工学)△7,000
11,200 14,000
年収 250万円程度未満
(所得割額非課税)
・授業料軽減
5,250
(△24,750)
4,800 2,800 3,200 (普通)△6,500
(工学)△6,500
6,750 9,550

A特待生(授業料全額免除)

基準額 毎月の納付金
(普通科)
毎月の納付金
(工学科)
年収910万円程度以上
(所得割額304,200円以上)
8,000 10,800
年収910万円程度未満
(所得割額304,200円未満)
8,000 10,800
年収590万円程度未満
(所得割額154,500円以上)
8,000 10,800
年収350万円程度未満
(所得割額51,300円未満)
・授業料軽減
3,200 3,800
年収250万円程度未満
(所得割額非課税)
・授業料軽減
3,200 4,300

B特待生(授業料半額免除)

基準額 毎月の納付金
(普通科)
毎月の納付金
(工学科)
年収910万円程度以上
(所得割額304,200円以上)
23,000 25,800
年収910万円程度未満
(所得割額304,200円未満)
18,050 20,850
年収590万円程度未満
(所得割額154,500円以上)
15,575 18,375
年収350万円程度未満
(所得割額51,300円未満)
・授業料軽減
6,100 8,900
年収250万円程度未満
(所得割額非課税)
・授業料軽減
4,125 6,925

特待生

ページ上部へ

※表は横スクロールをさせてご覧ください。

学力特待生 手続き:自動付与(手続き不要)出願時の中学校成績及び入試得点にて判断します。
種別 試験区分 資格要件 免除額
特待A 推薦入試 中学校成績がBランク以上 ■入学金全額 200,000円
■授業料自己負担相当額
全額免除(3年間)
単願入試
一般入試 中学校成績がAランク又は、入試得点が80%以上又は、
普通科上位20名
特待B 推薦入試 中学校成績がDランク以上 ■入学金全額 200,000円
■授業料自己負担相当額
半額免除(3年間)
単願入試
一般入試 中学校成績がBランク以上又は、入試得点が75%以上又は、
普通科上位50名
特待C 推薦入試 中学校成績がEランク以上 ■入学金全額 200,000円
単願入試
一般入試 中学校成績がDランク以上又は、入試得点が70%以上

※中学校時の欠席日数が30日以内の生徒が対象となります。(欠席が30日を超えた受験生で入院もしくは入院相当の理由がある場合は欠席理由書〈様式不問〉をもとに別途審議します。)

※人数に制限はありません。

※中学校成績による学力特待生は、石狩管内の中学校に限ります。(石狩管外は、中学校よりお問い合わせください。)

※特待A・Bについては、北海道科学大学高等学校入学特待生規定により資格を失うことがあります。

スポーツ特待生 事前に中学校を通じて、本校のクラブ顧問の推薦を受ける。
種別 資格要件 免除額
特待A

①体育系部活動において技能が優れ、学業成績及び生活態度が良好な者

②本校の体育系部活動顧問の推薦を受けて必ず入部する者

③硬式野球部については、出身中学校長が推薦した者

■入学金全額 200,000円
■授業料自己負担相当額
全額免除(3年間)
特待B ■入学金全額 200,000円
■授業料自己負担相当額
半額免除(3年間)
特待C ■入学金全額 200,000円
※硬式野球部については、硬式野球部特待生用推薦書(中学校長の押印)が必要です。
※特待A・Bについては、北海道科学大学高等学校スポーツ特待生の規程により資格を失うことがあります。
チャレンジ特待生 【普通科】手続き不要。推薦・単願入学試験の合格者は、学力レベル確認テストで判定を行います。
【工学科】入学願書の申請欄にチェックを入れる。
種別 資格要件 免除額
チャレンジ特待 推薦・単願入学試験(工学科)の合格者でさらに上位の特待を希望する者

学力特待A・B・C
参照してください。

※一般入学試験の学科試験を受験し、学力特待生と同じ基準で判定を行います。
※願書等の再提出及び検定料は不要です。受験票は、推薦・単願入試で発行されたものを使用します。
弟妹特待生 入学願書の申請欄にチェックを入れ、必要事項を記入する。
種別 資格要件 免除額
弟妹特待 入学時(4月)に兄又は姉が本校に在籍している場合 ■授業料自己負担相当額
半額免除
(兄・姉同時在籍期間)
※弟妹特待については、北海道科学大学高等学校弟妹特待生の規程により資格を失うことがあります。
採用発表 合格発表と同時に本人及び出身中学校長へ通知します。

※上記の特待生の中で重複する場合は、免除額が有利な方の特待生となります。
ただし、弟妹特待と学力特待C及びスポーツ特待Cとの重複は可能です。

奨学金制度

ページ上部へ

学校法人 北海道科学大学入学金免除制度

出願時に入学金免除申請書*を提出し、入学時に戸籍抄本など本人との続柄が証明できる書類を提出。
*入学金免除申請書は、こちらのPDFをダウンロードしてご利用ください。

資格要件 免除額
  1. 父又は母が設置校の卒業生である場合
  2. 入学時に設置校のいずれかに兄弟姉妹が在籍している場合
  3. 同一年度に、設置校のいずれかに兄弟姉妹が入学する場合(2人目以降を免除とする)
入学金全額 200,000円

※設置校とは、北海道自動車学校を除く以下の学校をいいます。北海道科学大学(旧北海道工業大学)、北海道科学大学短期大学部(旧北海道自動車短期大学)、北海道薬科大学、北海道科学大学高等学校(旧北海道尚志学園高等学校・北海道工業高等学校)、北海道総合電子専門学校(旧北海道電波専門学校)

※弟妹特待との重複は可能です。

※学力特待及びスポーツ特待に該当する場合は、学校法人北海道科学大学入学金免除制度の申請は不要です。

学校法人北海道科学大学奨学生

人物及び学業成績ともに優秀と認められ、経済的に学費の援助が必要で、下記の基準をいずれも満たし、ホームルーム担任の推薦が得られる者とします。
手続きは、入学後に案内します。

※表は横スクロールをさせてご覧ください。

評価基準 資格要件 給付額(月額) 返還義務
人物評価基準 学校生活全般を通じて態度・行動ともに優秀で他の生徒の模範となる者とする。 12,000円 なし
学力評価基準 当該年度前期末における学業成績が5段階評定平均値3.8以上とする。
家計評価基準 保護者の年収が250万円未満程度で、市町村が発行する保護者の所得証明書(市・道民税証明書)に記載されている市町村民税所得割額が非課税の者とする。

北海道科学大学高等学校後援会奨学金制度

入学後の学業成績等が優秀、あるいは経済的理由により就学が困難な生徒に対して下記により給付します。
手続きは、入学後に案内します。

※表は横スクロールをさせてご覧ください。

種別 資格要件 給付額(月額) 返還義務
奨学生 入学後、当該学年末の成績が5段階評定平均値で4.5以上の者 12,000円 なし
スポーツ等奨学生 入学後、人物良好で、スポーツ・文化等の技術に優れ、全道・全国大会の各種大会、もしくはそれに準ずる大会で活躍し、将来においても有望であると認められる者
その他奨学生 入学後、災害発生による被災者
保護者死亡等により経済的に就学が困難な者

※上記二つ(学校法人北海道科学大学奨学生、北海道科学大学高等学校後援会奨学金制度)の奨学生については、学力特待A・B、スポーツ特待A・B及び弟妹特待の対象となっている者は除きます。

※学校法人北海道科学大学奨学生と北海道科学大学高等学校後援会奨学制度との重複はできません。

※給付期間は1年間(毎年6月に決定)、年4回(1回につき3ヶ月分)の給付となります。

※人数に制限があります。

「住協夢プラン」応援奨学金※今年度実績

手続きは、入学後に案内します。

資格要件 給付額(月額) 返還義務
①「夢」の実現と独創的な提案を通して、社会貢献・地域貢献を考えている者
②グローバルな視点に立ち、自分の可能性を広げるために留学を希望する者
③スポーツ・文化活動を通して、日本代表や世界大会などへの参加を目指している者
10,000円 なし

※給付期間は1年間です。(毎年6月に決定します。)

※人数には制限があります。(書類審査とプレゼンテーション及び面談により審査します。)

海外短期留学応援奨学金※今年度実績

手続きは、入学後に案内します。

資格要件 給付額 返還義務
①グローバルな視点に立ち、己の可能性を広げるために留学を希望する者。
②本校の短期留学プログラム(ニュージーランド2週間)の主旨を理解し留学の成果を報告できる者
旅行代金の全額 なし

※人数には制限があります。(プレゼンテーションや学習の取り組み、語学レベルテスト等を総合的に判断し選考します。)

※旅行代金とは往復航空運賃、語学学校費用、ホームステイ費用です。

その他の奨学金制度

評価基準 資格要件 給付額(月額) 返還義務
札幌市奨学生 ①札幌市民であること
②学資に乏しく学業が優秀で奨学生にふさわしいこと
③収入額、成績により選考
8,000円 なし
北海道高等学校
奨学会奨学生

①学習、生活態度が高等学校生徒にふさわしい者

②保護者が北海道内に住所を有する者、又は生徒が北海道内の学校に在学している者で、他の都府県が行う奨学事業の貸付を受けていない者

③経済的理由により修学困難なもの

10,000円~35,000円
*5,000円単位で
希望額を選択
あり

交通遺児奨学金、あしなが育英会などの奨学生制度もあります。