各種証明書発行

  • 北海道科学大学高等学校
  • 各種証明書発行

学校感染症による出席停止の扱いについて

学校保健安全法第19条に定めるところにより、学校において予防すべき感染症について、学校長が出席停止を指示する場合の扱いは、本校では以下のとおりとします。

生徒に出席停止を要する感染症に罹患もしくは罹患した疑いが生じた場合

  1. 必ず医療機関に受診し、医師の診断結果を学校(担任)に報告して下さい。
  2. 報告に基づき学校長は該当生徒に出席停止を命じます。
  3. 出席停止の期間中は医師の指示を守り、自宅で療養して下さい。
  4. 出席停止の解除するにあたっては、医師の判断を要します。
    以下の『学校感染症による出席停止証明書』を医師に持参し、出席停止を解除してよいとの診断を受けて、証明書を担任に提出して下さい。
    ※証明書の発行に関して、医療機関で発行料がかかる場合がありますが、自己負担になりますのでご了承下さい。
  5. 学校長が証明書を受理して、出席停止を解除します。

学校感染症による出席停止証明書

学校において予防すべき感染症の種類

第一種 エボラ出血熱、クリミア、コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウィルスによるものに限る)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウィルスA属インフルエンザAウィルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る)
第二種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(三日ばしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸シフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎
その他の感染症(溶連菌感染症、ウィルス性肝炎、手足口病、伝染性紅班(りんご病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症 など)
※その他の感染症は必要があれば、学校医の意見を聞き、第三種の感染症として措置をとることができる疾患